concept

日曜市の在り方を食卓へお届けします。

日曜日の朝、地元の人と観光客でにぎわう広場では必ず市が開かれています。
爽やかな5月の日曜市には4月の雨と5月の太陽をいっぱい浴びた色鮮やかな夏の果物や野菜が並び始めます。

バターの香ばしい香りいっぱいの焼きたてのパンを大声で売っている元気なパン屋、地元マダム手作りのオーガニックジャムを観光客に遠慮がちに勧める若い娘、朝摘み取ったばかりでまだ朝露が残るラベンダーや、色とりどりのバラやカーネーションを切りそろえるのに忙しい若いカップルの花屋、家にある本を並べただけで所在なげな中年男の本屋と様々です。

日曜市はいろいろな価値観を持った人たちが、互いの考えやライフスタイルを自由に提案したり交流できる空間といえます。

“メイフェアキッチン“はそんな日曜市の在り方に共感してスタートしました。

各々の店舗がこだわった個性的な商品を販売するように、“メイフェアキッチン“では、安心・安全な食材で、新しい味覚をお届けしていきます。

ページTOPへ